TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【東京/A-5】金融機関のガバナンス向上と生き残りのために社外取締役に期待される役割

プログラム詳細

【東京/A-5】金融機関のガバナンス向上と生き残りのために社外取締役に期待される役割
開催日時 2016.5.20(金) 16:20~17:10   A会場(ベルサール神田 2F)
参加費 無料(銀行・証券会社等の金融機関の方のみ参加申込が可能です)
講師 岩田合同法律事務所
特別顧問(前金融庁長官)
細溝 清史 氏

岩田合同法律事務所
弁護士(八千代銀行社外取締役)
坂本 倫子 氏

岩田合同法律事務所
弁護士(モデレーター)
松田 貴男 氏
講演内容  銀行の社外取締役に期待される役割を、金融行政及び社外取締役の視点から、パネルディスカッション形式で論じます。パネリストは前金融庁長官及び弁護士(銀行の社外取締役)が務めます。
 当日は、パネルディスカッションに先立ち、銀行の事業及びガバナンスに関する現在の法制度概要をごく短時間でおさらいします。その後のパネルディスカッションで扱うテーマは、「銀行に社外取締役選任が求められる意義」、「銀行の社外取締役に求められる知識・経験」、「銀行の生き残りのためのビジネスモデル構築の切り口」、「銀行のガバナンス向上と生き残り戦略構築との相関性」、「銀行の社外取締役の属性に応じた役割期待」、などを予定しています。 但し、時間の制約や予定されている法改正の動向等を踏まえて変更がありえます。
 なお、パネリストの発言内容は現在所属し又は過去に所属した機関の見解ではありません。また、法規制に関する詳細な資料や講演録の配布は予定しておりませんので予めご了承ください。
講義項目 1.銀行の事業及びガバナンスに関する法制度概要
2.パネルディスカッション【金融機関のガバナンス向上と生き残りのために社外取締役に期待される役割】
  <パネリスト>
   細溝清史(岩田合同法律事務所特別顧問、前金融庁長官)
   坂本倫子(岩田合同法律事務所弁護士、八千代銀行社外取締役)
  <モデレーター>
   松田貴男(岩田合同法律事務所弁護士)
本フォーラムは終了いたしました。
TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【東京/A-5】金融機関のガバナンス向上と生き残りのために社外取締役に期待される役割
金融フォーラムのトップに戻る