TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【東京/C-3】サイバー・インテリジェンスとSIEMを活用した最新分析

プログラム詳細

【東京/C-3】サイバー・インテリジェンスとSIEMを活用した最新分析
開催日時 2016.5.20(金) 13:40~14:30   C会場(ベルサール神田 3F)
参加費 無料(銀行・証券会社等の金融機関の方のみ参加申込が可能です)
講師 デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
シニアマネジャー
佐藤 功陛 氏
講演内容  既存セキュリティ対策製品では検知されないマルウェアが存在するという認識が高まりつつありますが、従来から提供されるセキュリティ監視・分析サービスの多くは、インターネットの出入り口だけを対象としており、高度化する攻撃に追随できなくなっています。
また、「サイバー・インテリジェンス」を活用し、攻撃者(脅威実行者)の動機や目的を分析することで、一連の攻撃を「コンテクスト(文脈)」の中で評価・分析することは欧米では一般的になっていますが、日本では「サイバー・インテリジェンス」の概念すら馴染みが薄い状況です。
 デロイトは、「サイバー・インテリジェンス」とSIEMを活用し、攻撃のコンテクストを解釈、分析することで、顧客毎にサイバーリスクを評価する監視・分析サービスを全世界20箇所以上で提供しています。
 本講演では、デロイトが提供するサイバー・インテリジェンス・サービスをご紹介するとともに、次世代エンドポイントセキュリティ製品を活用した、未知マルウェア防御およびリモート・フォレンジック、パッチ・マネジメントサービスをご紹介いたします。
講義項目 1.日本におけるセキュリティ監視の実態と課題
2.サイバー・インテリジェンスの定義
3.サイバー・インテリジェンス・サービスのご紹介
4.エンドポイント対策サービスのご紹介
本フォーラムは終了いたしました。
TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【東京/C-3】サイバー・インテリジェンスとSIEMを活用した最新分析
金融フォーラムのトップに戻る