TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【東京/D-2】IoTで変わる消費者行動とあるべき金融サービス像

プログラム詳細

【東京/D-2】IoTで変わる消費者行動とあるべき金融サービス像
開催日時 2016.5.20(金) 12:20~13:10   D会場(ベルサール神田 3F)
参加費 無料(銀行・証券会社等の金融機関の方のみ参加申込が可能です)
講師 株式会社NTTデータ経営研究所
金融コンサルティングユニット シニアマネージャー
河原 陽一 氏
講演内容  この数年でIoTは概念フェーズから実装フェーズに差し掛かりつつあります。
古くは「モノのインターネット」と言われていましたが、各種センサーとこれらを組み込んだ家電や自動車など製品の進化、これらが発するデータをストック・分析する基盤の登場で「コト」までデータ化されるようになりつつあります。消費者の気持ちや懐具合にこれらデータがリンクすることで、消費行動はどう変わるのでしょうか。
 本セッションでは実用化されている身近なIoTや個人が作り出せるIoT実例をご紹介しながら、IoT時代に求められる金融サービス像の仮説を生活者目線で展開して参ります。皆様の商品・サービス開発のご参考になれば幸いです。
講義項目 1.IoTとは~FinTechとの関係性~
2.IoTの基礎技術・周辺技術
3.消費者購買行動にIoTが与えるインパクト
4.IoT時代の商品・チャネル戦略
5.IoT時代のサービス開発手法
本フォーラムは終了いたしました。
TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【東京/D-2】IoTで変わる消費者行動とあるべき金融サービス像
金融フォーラムのトップに戻る