金融フォーラム TOP ≫ 【大阪/F-2】金融機関の法務DD自己チェック

プログラム詳細

【大阪/F-2】金融機関の法務DD自己チェック
~人事労務から反社対応まで~
開催日時 2016.5.10(火) 12:40~13:30   コングレコンベンションセンター
参加費 無料(銀行・証券会社等の金融機関の方のみ参加申込が可能です)
講師 弁護士法人中央総合法律事務所
代表社員・パートナー 弁護士(日本/NY州)
中務 正裕 氏
講演内容  金融機関を取り巻くリスク要因は多岐にわたる。取引に関する対外的なものから、組織内部の内部統制にかかるものまで、関連する法令も銀行法、金融商品取引法から、民法、労働基準法まで幅広い。ただ、マスコミで報道される金融機関の不祥事で圧倒的に多いのは、顧客金員の横領等の従業員の不祥事である。その意味で、リスク管理を突き詰めれば、個々の「人」の問題に行き着くと言える。金融機関も組織である以上、まずはそこで働く個々の従業員の労務管理を適切に行っておくことがなにより大切である。
 本講演では、人事部の方のみならず、労務管理にたずさわり、実際に働かれている方々に、最低限しっておいていただきたい労働法令や、注目されているメンタルヘルスの問題やハラスメントの問題を中心に、最近の判例とその対処法を解説し、それぞれの職場でのチェックポイントをまとめてみたい。
 また、対外的な問題としては、反社会的勢力との関係遮断を中心に、最近の判例、民事介入暴力への取組みをふまえ、反社勢力との問題を整理し、どこがポイントとなるか、その対応策をふまえて解説したい。
 講演者は、20年以上にわたり、銀行の法務相談を第一線で担当し、反社会的勢力対応をふくめ、様々なトラブルや紛争解決をしてきた経験を有し、また数多くの企業のMA案件でDDを実施し、不正調査も行ってきた経験を踏まえ、その勘所を伝授できればと考えている。不祥事防止のためには、自分なりのチェックリストを作成しておき、それを念頭に業務に当たるのが大切である。本講演がその一助となれば幸いです。
講義項目 1.金融機関を取り巻くリスク要因
2.金融機関の不祥事とその対応
3.労働法令と最近の労働判例
4.メンタルヘルス問題とその対応策
5.ハラスメント問題とその予防策、対応策
6.反社会的勢力への対応を巡る最近の判例、対応策
本セミナーは現在募集しておりません。
金融フォーラム TOP ≫ 【大阪/F-2】金融機関の法務DD自己チェック
金融フォーラムのトップに戻る